2014/03/23

Xperia SP C5303がやってきた。本体の外観などを軽くレビュー!



Xperia SPを購入したので軽くレビューです!

まずは正面からいきましょう。
ディスプレイは4.6インチ、解像度はHDです。
4インチ以下の端末ばかりだったので大画面に感じます(個人的には)




背面はマットな感じで触り心地がいいです。
カメラは裏面照射型CMOSセンサーExmor RS for mobileの8メガピクセルです。




背面カバーを外すとSIMスロット(MicroSIM)、MicroSDカードスロットがあります。
バッテリーが取り外せないので、リセットボタンが付いています。




続いて、アルミフレームの側面です。
右側面には2013年Xperiaから採用された象徴的な電源ボタン、ボリュームキー、シャッターキーがあります。
電源ボタン周りが特にカッコいいと思います。




左側面にはMicroUSBポートがあります。
防水端末では無いのでキャップはありません。




本体上部にはイヤホンジャックがあります。
こちらもキャップはありません。




そして、本体下部にはXperia SP最大の特徴であるプリズム改めtransparent elementがあります。
充電時や、通知、音楽再生時、写真を見ている時などに光ります。



特に音楽再生時は、曲に合わせて光るのでとても綺麗です。




APNの設定をすればSoftbankの黒SIMも使えました。
LTEはBand1、3(EMOBILE)、8(予定)が掴めるはずです。
Bootloader unlockも可能です。




antutuベンチマークもかなりの好成績です。
Xperia Zを抜いてるようです。




重さは155gと数値だけ見ると4.6インチにしては重いですが、実際に持ってみると重くは感じませんでした。
おそらく、本体の重量の偏りが無くバランスがいいから重く感じないのだと思います。
個人的には4.6インチは画面がそこそこ広く使えて、片手で操作できるベストな大きさだと感じました。

ただ、唯一残念だと感じたのはストラップホールが無いことです。
落下防止にリングストラップを付けたかったので残念です。

ソフトウェア側のレビューはこちら。
4.1からの変更点は?Android4.3になったXperia SPのソフトウェアをレビュー!