2013/07/24

Xperia rayのICS化、root取得、CWMの導入



Xperia rayのICS導入と、root、CWM導入の備忘録です。
基本的に2011年Xperiaであれば流用できるはずです。

準備するもの

・Xperia ray(Bootloader Lockedでも可)
Flashtool
SMUS(SonyMobileUpdateService)
ST18i_4.1.A.0.562.zip
DooMLoRD_v1_Xperia-2011-ICS-ROOT-emu-busybox-su.zip


ICS導入手順

1. Flashtool、SMUSはインストールしておきましょう。

2. ICSファームのzipはダウンロード後、解凍したftfをFlashToolのfirmwaresフォルダにコピーします。

3. Flashtoolを起動したら、ST18iの4.1.A.0.562のftfを選んで、Exclude Basebandにチェックをいれます。


4. Xperia rayならボリュームダウンボタンを押しながらUSBケーブルを接続してFlashModeで接続すればICSへアップデートされます。


root権限の取得

1.設定→アプリケーション→提供元不明のアプリにチェックを入れておく。
設定でUSBデバッグをオンにしてPCに接続。

2.DooMLoRD_v1_Xperia-2011-ICS-ROOT-emu-busybox-su.zipをダウンロードして解凍してでてくるフォルダの中にあるrunme.batを実行。

3.何かキーを押すとroot化処理が自動進行するので、ALL DONE!と出るまで放置。
終わった後、アプリドロワーにSuperuserがあれば成功。SUバイナリの更新をしておきましょう。



CWMの導入(要root)

1.Google Playからx-Partsをインストールして、起動する。

2.起動するとroot権限を要求されるので許可する。

3.INSTALLSタブに切り替えて、「pvyParts 5.5.0.4 Recovery」を選んでインストールする。



Xperia rayは一応、公式ICSが提供されただけあって割りといい動きをしてくれます。
Bootloader unlockしてJBのカスタムROMを入れてみたいものです。


Xperia ray SO-03C docomo [Pink]
Xperia ray SO-03C docomo [Pink]
posted with amazlet at 14.06.06
ソニーモバイルコミュニケーションズ
売り上げランキング: 42,809